識名トンネル工事の補助金不正受給を巡る住民訴訟で、那覇地裁は19日、当時の県土木建築部長と南部土木事務所長の過失責任を認めた。県は完了した工事をこれから実施すると装い、虚偽の契約書で公金を受給。「県政始まって以来の不祥事」とされたが、県の調査では現場の責任とされ、経緯や背景は不透明さが残った。