【小浜島=竹富】80歳以上の女性でつくる「小浜島ばあちゃん合唱団」が、島の元気をアピールする新曲「Come on and Dance 小浜島-歌って踊って小浜島」を2月28日、発表した。

手をつなぎ小浜島PRソングを披露するばあちゃん合唱団のメンバー=竹富町小浜、はいむるぶし

 曲を手がけたのは島在住のシンガー・ソングライターのつちだきくおさん。ばあちゃんの元気の源である「よく笑い、歌い、踊り、食べる」を全国に広げようと、島の生活を歌詞に盛り込んだ。

 島内のホテルで開いたお披露目式で、つちださんは「無理を承知で英語の歌詞も提案したが、あっという間に歌えるようになった。目標は紅白歌合戦出場」と力を込め、合唱団名誉会長の花城キミさん(90)も「みんなで歌うのは本当に楽しい。紅白にも出たい」と笑顔で語った。

 4、5月にはCDとプロモーションビデオ(PV)を制作、6月には東京公演を予定し、島内外の活動を広げていく。