9秒でまるわかり!

  • ミュージシャンの江川ゲンタさんらがNPO設立
  • 宮古を音楽で盛り上げ、観光客誘客や環境保護につなげる
  • 5月のフェスには、山崎まさよしさんらが出演予定

 【宮古島】宮古を音楽あふれる島に-。そんな思いを持つ宮古島市内有志が集まり、NPO「ミュージックアイランド宮古島推進協議会」(MIM)が発足する。音楽で島の魅力をPRし観光誘客につなげ、青少年育成、環境保護にも力を注ぐ。第1弾イベントとして5月29日から3日間のイベント開催を予定。音楽を楽しむフリーペーパーの作成にも取り組む。2月27日、発足に向けた記者発表が市内であり、関係者が「音楽でさらに島を盛り上げたい」と賛同者を募った。

NPO設立に向けて記者発表する江川ゲンタさん(中央)=ホテル共和

 団体の代表理事に就くのは、市在住で日本を代表するドラマー、パーカッショニストの江川ゲンタさん。昨年10回目の節目で終了した「美(か)ぎ島(すま)ミュージックコンベンション」の発起人で、観光などを通して市のイメージアップを図る「宮古島大使」でもある。

 理事メンバーには市内のホテルや航空会社の関係者、教員らが名を連ねている。記者発表には江川さんのほか、JTA宮古支社の金城徹支社長、ホテル共和の砂川靖夫社長の3人が出席した。

 江川さんは「島にはさまざまなジャンルの音楽を受け入れる素地がある。協議会は音楽に関する情報交換ができ、まとめ役にもなり得る。音楽を通して一丸となって島を盛り上げたい」と語った。

 協議会は市が進める「エコアイランド」や、全国的な知名度を持つトライアスロンなどの「スポーツアイランド」のように、音楽があふれる島「ミュージックアイランド」と内外に認知されることを目指し、音楽関連の各活動にかかわっていきたいという。

 5月の発足第1弾イベントの会場などは未定だが、山崎まさよしさんら人気アーティストが出演を予定している。イベントの詳細は今後、随時発表していく。