6日は二十四節気の「啓蟄」。地中で冬ごもりしていた虫が春の訪れを感じて姿を現すころとされる。

新緑が芽吹き、黄緑色に彩られた山=5日午前11時すぎ、恩納村恩納(金城健太撮影)

 沖縄気象台によると、5日の沖縄地方は気圧の谷の影響で雲が広がった。最高気温は波照間島で23度。那覇は2月上旬並みの19・3度だった。

 恩納村恩納の県道88号沿いでは、イタジイなど照葉樹林が芽吹き始め、新緑が山々を黄緑色に染めていた。

 向こう1週間は気圧の谷や湿った気流の影響で、曇りや雨の日が多いという。