名護市辺野古の新基地建設を巡り、基地建設に反対する市民は20日、辺野古崎西側の「K1」護岸建設予定地付近のオイルフェンスが、干潮など潮位が低い時に海底をこすることを確認した。付近には小規模のサンゴもあり、「自然に被害が出る可能性がある」と指摘している。