沖縄県南城市玉城の奥武島でスク漁が始まっている。奥武漁港では21日、大量のスクが水揚げされ、地元の鮮魚店には刺し身用のスクが並べられた。

水揚げされたばかりの新鮮なスク=21日午後4時14分、南城市玉城・奥武漁港

 スクが寄るのは旧暦6~8月の1日前後で、23日が旧暦の6月1日に当たる。島には20日からスクが寄ってきており、この日5隻の漁船で漁を行った。

 漁師歴20年の嶺井尚人さん(40)=市玉城奥武=らは午前、午後の2回で計180キロのスクを水揚げした。「昨年に比べて大漁だ」と笑顔で話した。