【東京】菅義偉官房長官は6日の閣議後会見で、名護市辺野古への新基地建設に関し、埋め立て工事の着工前に県と事前協議する必要性を認める一方、協議の結果にかかわらず工事を推進する考えを強調した。

 菅氏は翁長雄志知事が事前協議の必要性を指摘していることに「事業者として誠実に対応することは当然だ」と述べ、埋め立て工事に入る前に県と協議する意向を示した。

 一方、「瑕疵(かし)なくされた承認を、知事が代わったからといって取り消すことができないのは当然だ」とも述べ、協議をしても建設工事を進める考えに変わりないことを強調した。協議の方法や在り方に関しては言及しなかった。

 中谷元防衛相も6日の会見で、事前協議について「実施設計は事前に県と協議を行うことを指している」と述べ、事前協議が必要との考えを示した。