日本臓器移植ネットワークは7日、県立中部病院に低酸素脳症で入院していた30代男性が午前5時55分、臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。沖縄県内からの脳死判定による臓器提供は初めて。

 男性は書面で臓器提供の意思を示していなかったが、家族が承諾した。同法施行後、脳死判定は317例目で、本人の意思不明は172例目。

 腎臓は県立中部病院で40代男性、心臓は東京大病院で50代男性、肺は長崎大病院で50代男性、肝臓は慶応大病院で30代男性、膵臓(すいぞう)ともう片方の腎臓は九州大病院で50代男性に、それぞれ移植。小腸は医学的理由で断念した。

 移植ネットは、脳死と判定された男性の家族による「誰かのためになれば本望です」とのコメントを公表した。