大城さつきが、通算4アンダーの4位で3年連続の予選通過を決めた。「勝つしかないという意気込みが、今までとは違う」と、力を込める。 前半を1バーディー1ボギーで「淡々とした」ゴルフだったが、後半は攻めに出た。11番でパットの感覚が合わずにバーディーを逃した。