前向きに人生の終わりに備える「おきなわ終活フェア2015」(主催・沖縄タイムス社、共催・県メモリアル整備協会)が7日、沖縄タイムスビルで始まり、大勢の人が詰め掛けた。最終日の8日は10時~午後5時まで。

多くの来場者でにぎわう終活フェアの相談コーナー=7日午前、那覇市久茂地・タイムスホール

 会場には、葬儀や仏具、相続・財産管理など企業13社が出展。講演会やセミナーなどもあった。各ブースは、情報を求めて多くの人でにぎわった。

 ひつぎの体験コーナーでは「記念になる」と笑顔で写真を撮る姿も。会場を訪れた女性は「お墓のことを知ることができて良かった」と話した。

 8日は午前11時から墓の最新事情について、午後2時半からは終活カウンセラーの島袋早苗さんによる生前整理についての講演などがある。