2月に豊見城市豊崎にオープンしたばかり。約2835平方メートルのメーンアリーナはバレーボール4面、ハンドボール2面、バスケットボール3面でそれぞれ同時にゲームが可能。こけら落としにTKbjリーグの琉球キングス戦があり、市内のスポーツ拠点を待ち望んでいた市民を喜ばせた。

ランニングマシンなどを備えたトレーニング室=豊見城市豊崎・市民体育館

ランニングマシンなどを備えたトレーニング室=豊見城市豊崎・市民体育館

 バドミントンや卓球などグループでスポーツを楽しめるほか、視力にハンディキャップのある人向けの「サウンドテーブルテニス」も導入予定。メーンアリーナのギャラリーには1周240メートルのランニングコースもあり、雨天時でもウオーキングなどができる。

 館内にはウオーキングマシンやベンチプレスなどを備えたトレーニング室を設置。高齢者や仕事帰りの社会人をはじめ幅広いニーズに応え、利用できる時間も幅広く設定している。

 ウオーキングマシンで汗を流していた主婦の上原安美さん(34)は「家から歩いて通えるのがうれしい。子育てをしながら運動不足を解消できます」と笑顔を見せた。

 管理責任者の仲里佳朗さん(35)は「夫婦やカップルで訪れる利用者も多い。今後は体操などスポーツ教室を開いて、地域住民の健康づくりの手助けをしたい。身近なスポーツ施設として体育館を定着させたい」と話している。

 【メモ】利用は午前9時~午後10時。火曜休館(祝日の場合は翌日)。駐車場46台。トレーニング室1時間大人200円(市内在住者)。問い合わせは体育館事務所、電話098(850)1550。