那覇署は24日、那覇市首里で酒気を帯びた状態でバイクを運転したとして、自称那覇市の男子高校生(17)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。呼気から基準値の約1・5倍のアルコールが検知され、容疑を認めているという。

(資料写真)パトカー

 那覇署によると、同日午前2時半ごろ、同市首里久場川町の市道で酒気を帯びた状態でバイクを運転した疑い。パトロール中の警察官が低速で走行しているバイクを不審に思い、職務質問した。