国内女子ゴルフツアーの今季開幕戦、ダイキンオーキッドレディスは8日、沖縄・琉球GC(6529ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、首位と1打差の2位で出たテレサ・ルー(台湾)が65で回り、通算14アンダーの202で逆転優勝した。

 ツアー初優勝を狙った川満陽香理はスコアを二つ伸ばし、通算8アンダーの4位だった。宮里美香が1打差の5位。諸見里しのぶが5アンダーで10位、大城さつきは2アンダーで20位に入った。昨年2位の比嘉真美子はイーブンパーの28位に終わった。

 アマチュアの新垣比菜(興南高)が通算1オーバーの33位で、3年連続のベストアマを獲得した。