県が実施した「沖縄伝統空手・古武道実態調査」では、道場の経営課題として「門下生の人数が少ない」の回答が最も多く、道場運営者の主な収入源は「空手以外から得ている」との回答が約4割を占めた。関係者は、課題解決に向けて県の支援や、門下生獲得に各道場と学校との連携の必要性を求める声が上がった。