「オーバーパーが悔しい」。4アンダーから出た大城さつきは、最終日に二つスコアを落とし、唇をかんだ。前半はパットに苦しんだ。7番(パー5)のボギーは、3打目のアプローチでピン手前5メートル半につけながら、ラインを読み切れずに3パット。「自分の読みとのズレがあった」と悔しさをにじませた。