ハンドボールの日本リーグは8日、佐賀県の神埼市神埼中央公園体育館で男子の1試合が行われ、湧永製薬とトヨタ紡織九州が23-23で引き分け、レギュラーシーズンの全日程が終了した。21日のプレーオフ準決勝は16戦全勝で1位の大崎電気が4位琉球コラソン、2位のトヨタ車体は3位大同特殊鋼と対戦。決勝は22日に行われる。

棚原良

 最優秀選手賞には琉球コラソンの棚原良が初めて選ばれた。ベストセブン賞、得点王(126点)、フィールド得点賞(99点)、7メートルスロー得点賞(27点)の各タイトルも初めて獲得。

 コラソンは東長濱秀作、村山裕次が500得点達成。GK内田武志の7メートルスロー阻止数が50本に達した。