(2)□聞(ぶん)は一見(いっけん)にしかず □には百(ひゃく)が入(はい)るよ。100回聞(かいき)くより、たった1回でも自分(じぶん)で見(み)たほうが確(たし)かだという例(たと)えだよ。(1)の□には九、(きゅう)(3)の□には三(さん)が入(はい)るね。