剛柔流の開祖、宮城長順氏(1888〜1953年)の高弟の一人、神谷仁清(じんせい)氏(1894〜1964年)。糸満で小児科・産婦人科医などでも名をはせた仁清氏と同じく、孫の神谷仁(まさし)さん(58)も、「かみや母と子のクリニック」で産婦人科医をしながら空手に汗を流す。