「第4回わったー那覇めしグランプリ決定戦」(主催・那覇商工会議所青年部)が7、8の両日、奥武山公園で開かれ、那覇市久米の美食房夕月「アグー照り焼きもずくあんかけチャーハン」がグランプリに選ばれた。2日間で来場した約4万5千人の投票で決まった。

表彰式後、笑顔で記念撮影する受賞者=8日、奥武山公園

グランプリを受賞した美食房夕月の「アグー照り焼きもずくあんかけチャーハン」(同店提供)

表彰式後、笑顔で記念撮影する受賞者=8日、奥武山公園 グランプリを受賞した美食房夕月の「アグー照り焼きもずくあんかけチャーハン」(同店提供)

 グランプリ料理は和風ベースの甘めなもずくあんを、味がしっかりついたチャーハンにたっぷりかけ、上に照り焼き味のアグー豚を載せたもの。美食房夕月オーナーの知念司さん(38)は「誰もが間違いなくおいしいと思える。スタッフ全員で取った賞で、すごくうれしい」と胸を張った。

 準グランプリにはくいもの市場むとうの「熟成牛のチーズデミグラスソースDE塩パン添え」が、特別賞にはパーラーじゅんちゃんの「ぐるくんのウニソース焼き」が選ばれた。