「第14回りっかりっか*フェスタ(2017国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ)」(主催・エーシーオー沖縄、同フェス実行委員会、共催・沖縄タイムス社など)が24日、開幕した。

石を重ねたり、たたいて音を出したりするコミカルな演目で笑いを誘った「石のうた」=24日、那覇市・安里教会

 那覇市の新都心エリアを中心に18会場で国内外の舞台作品が上演される。30日まで。

 同市の安里教会Bで午後3時から、石を使ったセリフのない演劇「石のうた」(ドイツ、シアター・オン)の上演があった。詰め掛けた子どもたちや親子連れがリズムに合わせた3人の演者のコミカルな動きや表情に笑い声を上げた。

 西原町の恩田愛ちゃん(6)は「石がきれいな音がして楽しかった」とにっこり。母親の節子さん(47)は「日本ではなかなか見られないパフォーマンスでおもしろかった」と話した。