○…イスラエル政府に招かれ、現地の国会議員や学者、経済関係者らと交流するプログラムに参加した宮崎政久衆院議員(自民)。パレスチナと紛争問題を抱える一方で世界トップクラスの企業が進出する背景を「兵役義務を終え、民間企業で兵役中に学んだ知識を生かす高度な人材が多い」と学んだ。