【那覇】豊見城署と南部土木事務所は12日、沖縄都市モノレールの奥武山公園駅と小禄駅、赤嶺駅に放置されていた自転車計5台を撤去した。「自転車クリーンUP作戦」の第2弾。 同署生活安全課の喜久里教富課長は「放置自転車は、盗難など少年に非行のきっかけを与えてしまう」と指摘。