【名護】名護市辺野古への新基地建設工事に反対する市民らは10日午前、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で「美ら海を埋めるな」「サンゴを埋めるな」となどと訴え、抗議運動を続けている。

新基地建設反対を訴える集会で、米軍基地に向かって腕を組んで抗議する市民ら=10日午後0時20分、キャンプ・シュワブのゲート前

 午前11時半ごろから始まった集会では、沖縄防衛局の資料改ざんについて参加者から批判が相次いだ。ヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表は「平気でこんなことをやる組織は、どういう組織なんだ」、島ぐるみ会議が運行するバスを利用して訪れた参加者は「改ざんは犯罪行為ではないか」などと声があがった。

 一方、海上では午前11時現在、防衛局の作業は行われていない。