光史流太鼓保存会師範で県立芸大教授の比嘉聰が沖縄の伝統音楽「組踊音楽太鼓」の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。21日に国の文化審議会が文科相へ答申したことにより、政府は9月にも正式決定する。「組踊音楽太鼓」で2003年に人間国宝に認定された師匠、故島袋光史の後を継ぐ。