毎年100万人以上の若者が、多額の借金を背負ったまま新社会人になっている。大学生・短大生の40%近くが奨学金を借り、1人当たりの有利子の借入額は300万円を超えているのだ。