スポーツツーリズム・コンベンションin沖縄が12日午後1時半から那覇市の県市町村自治会館で開かれる。県内外のスポーツツーリズムの事例などを発信するイベントで14日まで元プロ野球選手の山田久志氏による基調講演や、野球やサッカーなどのキャンプを受け入れる県内自治体が論議する。

 沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)と日本スポーツツーリズム推進機構(JSTA)が主催。佐賀県や新潟市など全国のスポーツツーリズムの事例報告やニライカナイ橋など本島南部を自転車でサイクリングする「ファムトリップ」(有料)などもある。

 10日に沖縄タイムス社を訪れたOCVBの米谷保彦企画広報課長=写真中央=は「オリンピックに向けてスポーツの注目度も高まる。是非参加して」と呼び掛けた。申し込みはJSTAウェブサイト、アドレスwww.sporttourism.or.jp。

 問い合わせはJSTA事務局、電話03(6441)2045。