2017年(平成29年) 11月22日

沖縄タイムス+プラス ニュース

「海が泣いている」 カヌー過去最多の71艇、辺野古で“海上座り込み” 工事中止訴え

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する「海上座り込み」が25日、米軍キャンプ・シュワブの護岸建設予定地沖合であった。1996年に問題が浮上して以来最多のカヌー71艇が出て、「翁長雄志知事の許可がない工事をやめろ」と声を上げた。

米軍キャンプ・シュワブに向けて、海上で抗議の声を上げる人たち=25日午前、名護市の辺野古沿岸部

 船8隻に分乗した市民を含めて約150人が参加。世界の12以上の国や地域から寄せられた「海が泣いている」「絶滅危惧種を守れ」などのメッセージをプラカードにして掲げた。

 この日は沖縄防衛局が埋め立てに着手して3カ月の節目。護岸工事はなかったが、辺野古崎近くで仮設道路の建設が始まった。袋に入った石材を、クレーンで並べる作業が確認された。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス