【平安名純代・米国特約記者】県が24日、名護市辺野古の新基地建設工事を巡り、国を相手に工事の差し止め訴訟を起こしたことに、米政府関係者らは「現行計画を推進する方針に変わりはない」と、従来の見解を繰り返した。