【東京】稲田朋美防衛相は25日の記者会見で、名護市辺野古の新基地建設を巡り、県が国を相手に提訴したことについて、「係争中の事案について、コメントは差し控える」と述べた。その上で、「昨年の和解、最高裁の判決の趣旨に従って、しっかりと事業を進めていきたい」と述べ、工事を進める考えを強調した。