琉球銀行(川上康頭取)は8月1日から住宅ローンに関する規定を見直し、同性のパートナーについても夫婦と同じように連帯債務制度の対象に加える。同性のパートナーは審査に必要な年収を合算できるほか、共同でローンを組み、共有名義で家を持てるようになる。また、制度の対象に明記されることで、手続きも早くなる。