泡盛マイスター協会(新垣勝信会長)は4月から沖縄大学と沖縄国際大学で琉球泡盛について学ぶ講座を開く。学生のほか一般の人の受講も可能。受付期間は31日まで。

講座の受講を呼び掛けた新垣勝信会長(右)と佐藤友香広報委員長=10日、那覇市・沖縄タイムス社

 同協会が講師を派遣する寄付講座。4月から7月まで全15回で、泡盛の基礎知識や沖縄の歴史、世界の蒸留酒など理論を中心に学ぶ。後期講座ではテイスティングなどの実技を学べる。

 新垣会長は「世界遺産の登録に向けて取り組み、盛り上がっている今、受講して泡盛マイスターを目指してほしい」と呼び掛けた。

 講座は沖大は受講料7千円。沖国大は無料。テキスト代は別。定員100人で定員に達し次第締め切る。申し込みや問い合わせは泡盛マイスター協会、電話098(861)5403。