【北中城】村立島袋小学校の6年生約40人が9日、海藻のアーサ(アオサ)の収穫を体験した。

網を傷つけないよう気をつけつつ、アーサをはさみで切って収穫する子どもたち=9日、北中城村美崎の海岸

 北中城はアーサの拠点産地でもあり、地域の特産に親しんでもらおうと村が佐敷中城漁協北中城支所の協力で毎年行っている。村美崎の海岸では、子どもたちが波打ち際に漂うアーサに足を取られ滑りそうになりながら、養殖網のアーサを慎重にはさみで切り取っては持参したかごなどに入れて収穫した。

 袋いっぱいに収穫した渡名喜駿太君(12)は「アーサは柔らかくて気持ちいい。持ち帰って家族みんなで食べます」。収穫したアーサの一部は村の給食センター職員らがその場でスープにし、子どもたちは収穫の味も楽しんだ。