国の天然記念物ヤンバルクイナなど多くの固有種が生息するやんばるの森。外来種の駆除対策の効果が表れ、マングースの捕獲数は年々減少し、ヤンバルクイナの個体数は回復傾向にある。一方、飼い主に捨てられ野生化した犬やネコがヤンバルクイナなど希少生物を捕食する新たな問題も起きている。(北部報道部・山田優介)

山道のわなを一つずつ点検する賀数清治さん=11日、国頭村奥間

 環境省やんばる野生生物保護センターによると、本島北部に生息するヤンバルクイナの推定個体数は約1370羽(2016年度)。県は06年から大宜味村塩屋-東村福地ダムまで東西に横切る形でマングース北上防止柵を設置し、防止柵以北での捕獲や探索犬による駆除に取り組んできた。

 やんばるの森には、マングースを捕獲するわなを約2万個設置。筒状の中に豚の脂身を焼いたエサを仕掛け、マングースがくわえるとひもで縛られる仕組みだ。

昨年度64匹捕獲

 同センターは08年、マングースの駆除をする「やんばるマングースバスターズ」を結成した。作業員20人が日曜日を除く週6日、わなの点検やエサを取り換えるため森の中を歩いて回る。

 賀数清治さん(56)は、駆除歴10年のベテラン。予備のわなや無線機などの道具が入った重さ5キロのかばんを持って、50メートル間隔で置かれたわなを一つ一つ点検する。

 同センターによると、00年度からの17年間で5624匹のマングースを捕獲。最も多かった07年度は619匹だったが、昨年度は12月末までの集計で64匹に減った。

 賀数さんがことし捕獲したマングースは1匹。駆除が進むにつれ、マングースの個体数が減り、捕獲が難しくなっているという。賀数さんは「捕まらないのは駆除効果の表れ。次世代の子どもたちのために、やんばるの貴重な生物たちを保護したい」と話す。

 同センターの中田勝士・希少種保護増殖等専門員によると「マングースは生後半年で繁殖が可能。根絶しないとすぐに繁殖する」という。環境省は09年からマングースやふんを探す探索犬を導入。犬をマングースの臭いだけに反応するよう訓練し、痕跡を見つけた場所に定点カメラやわなを集中的に仕掛けて、27年度までに完全駆除を目指している。

捕食の目撃情報

 一方、飼い主に捨てられた犬やネコが野生化し、やんばるの希少生物を捕食する問題が起きている。野犬がヤンバルクイナを捕食する目撃情報が寄せられ、けがを負ったヤンバルクイナからは犬のDNAが見つかっている。同センターがやんばるの森で昨年捕まえた野ネコは4匹。国頭村と県動物愛護管理センターは国頭村で野犬3匹を捕獲した。

 県がことし、12年ぶりに改定した「レッドデータおきなわ」では、ヤンバルクイナの個体数は回復傾向にあるが野犬や野ネコなど「生存に関わる脅威」が取り除かれていないため、絶滅危惧IのB類から最も絶滅の恐れが高いA類にランクが上がった。野生生物保護センターの山本以智人自然保護官は「希少生物を守るため、関係機関と連携しながら野犬、野ネコの対策も強化していく必要がある」と話した。