2017年(平成29年) 11月18日

1935沖縄 よみがえる古里

【圧搾機】サトウキビ増産へ 「模範部落」古謝を象徴する機械

 1935年の沖縄写真群に写るサトウキビを搾る8馬力の圧搾機は、現在の沖縄市古謝公民館がある場所に建っていたかやぶき屋根の「サーター屋」(製糖場)にあった。当時9歳の比屋根朝栄さん(90)=沖縄市古謝=は「建物の中は湯気が立ちこめ、汗がどっと吹き出すような環境。女性たちが、サトウキビの汁を搾り出す作業をしていた。活気にあふれ、まさに模範部落を象徴する機械だった」と胸を張る。

圧搾機を使い、黒糖の原料となるサトウキビの汁を搾り出す美里村古謝(現沖縄市古謝)の女性たち。エンジンをかけるのは男性の役割だった。利用は1日1世帯に限られており、予約表に基づいて、サトウキビの収穫日程を調整していたという。圧搾機が置かれた「サーター屋」にはサトウキビを搾った汁を煮る巨大な鍋が複数置かれ、工場内は蒸気がこもっていた。れんが造りの煙突(約5メートル)からは煙がもうもうと出ていたという(写真は朝日新聞社提供)

82年前、圧搾機が置かれていた「サーター屋」があった場所。現在では古謝公民館になっている=沖縄市古謝

圧搾機を使い、黒糖の原料となるサトウキビの汁を搾り出す美里村古謝(現沖縄市古謝)の女性たち。エンジンをかけるのは男性の役割だった。利用は1日1世帯に限られており、予約表に基づいて、サトウキビの収穫日程を調整していたという。圧搾機が置かれた「サーター屋」にはサトウキビを搾った汁を煮る巨大な鍋が複数置かれ、工場内は蒸気がこもっていた。れんが造りの煙突(約5メートル)からは煙がもうもうと出ていたという(写真は朝日新聞社提供) 82年前、圧搾機が置かれていた「サーター屋」があった場所。現在では古謝公民館になっている=沖縄市古謝

 50年に古謝の「共同製糖組合」の委員長を務めた比屋根さんによると、集落の農家で作る同組合が30年代に横浜の企業から約2万円(当時)で買った。ディーゼルエンジンで動く新しい機械だった。

 古謝も元々は馬を使ってキビを搾る「サーター車」を使っていた。変化があったのは、33年に県から「糖業経営改善指導部落」に指定され、サトウキビ増産を目指す「模範部落」となってから。

 沖縄国際大学名誉教授(農業経済学)の来間泰男さんは「33年から始まった政府による沖縄振興計画の『共同製糖場設置補助費』を使って買った可能性がある」と解説する。

 大阪朝日新聞の「朗かな悲鳴 沖縄一の模範部落 視察団の殺到で」(35年8月7日付)という記事は、視察対応のため、作業効率が悪くなったとして、視察を月2回に制限したいと県に要請したことを伝えている。

 比屋根さんは「毎日のようにバス4、5台を村人が出迎えたことを覚えている。古謝で生まれたことを誇りに思った」と振り返った。(「1935沖縄」取材班・比嘉太一)

写真集「沖縄1935」発売

 戦火に包まれる前の沖縄がよみがえります。待望の写真集が朝日新聞出版社から全国販売。「糸満」「那覇」「久高島」「古謝」と地域ごとに章立てされ、82年前の人々の生き生きとした様子が鮮明なモノクロ写真で紹介されています。

 ■朝日新聞出版社

 ■A4判変型

 ■1,800円(税抜)

  全国の書店のほか、大手通販サイトamazon等でも購入できます。

写真集 沖縄1935
写真集 沖縄1935
posted with amazlet at 17.08.08

朝日新聞出版 (2017-07-31)
売り上げランキング: 550

あわせて読みたい

関連リンク

1935沖縄 よみがえる古里のバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス