【東京】菅義偉官房長官は12日午前の会見で、沖縄防衛局が名護市辺野古の新基地建設に向けた海底ボーリング調査の掘削を再開したことを認めた上で、「普天間飛行場の一日も早い返還を実現することが重要だ。環境保全に万全を期しながら粛々と進めたい」と述べ、工事を進める考えを示した。

 県側が第三者委員会の検証が終わるまで工事の中断を求めていることに対しては「法に基づいて手続きをしている。全く間違っていない」と強調した。