【東京】鶴保庸介沖縄担当相は25日の閣議後会見で、県内の渋滞解消策を検討するため内閣府が9月に公共交通の利用を促進する実証実験を行うと発表した。従業員が多い企業などにバス通勤や時差出勤などを促し、効果や課題を検証する。