翁長雄志知事は12日、ボーリング調査再開に「大変遺憾。あらゆる手法を駆使して、新基地を造らせないという公約実現に向けて全力で取り組む」と述べ、県が中断を求めている中での再開を批判した。出張先の東京で記者団に語った。

 稲嶺進名護市長は「国は前知事の埋め立て承認を金科玉条のごとく根拠にしてきたが、同じく県民を代表する今の知事が(作業中止を)求めても全く聞く耳を持たない」と指摘した。

 「都合の良いことだけを取捨するやり方は本当にどうなっているんだ」と、政府の姿勢を強く批判した。一方、翁長氏は、県が米軍に申請した臨時制限区域内への立ち入りを不許可とされたことに、「行政目的の調査ができないことは不合理極まりない」と述べ、沖縄防衛局に再調整を求める考えを示した。