沖縄セルラー電話(湯淺英雄社長)は26日、2018年3月期の第1四半期決算(連結)を発表した。売上高に当たる営業収益は前年同期比2・2%増の154億5500万円、経常利益は14・4%減の31億800万円となった。スマートフォン(スマホ)などの販売が好調な一方、販売関連コストが増加した。