沖縄防衛局が約半年ぶりに海底ボーリング調査を再開した。名護市辺野古の新基地建設に反対する翁長雄志知事の誕生後、政府は県の出方をうかがうなど配慮ものぞかせたが、瀬踏みを終え、次の段階に入ったことを意味する。法律論を押しつけ、直近の民意を無視する強権的な姿勢を続けている。