沖縄県の方針転換や現地調査の必要性を理由に、作業中断を要請していた最中に、名護市辺野古での新基地建設に向けたボーリング調査が再開された。新基地建設阻止に向け、「あらゆる手段を駆使する」と強調する翁長雄志知事に対し、一貫して正当性を主張してきた政府。