日本ハンドボールリーグのプレーオフ(PO)に初めて挑む琉球コラソンの水野裕矢GMらが12日、沖縄タイムス社を訪れ「POは一発勝負。優勝旗を持ち帰りたい」と意気込みを語った。

初のプレーオフへ協力を呼び掛ける琉球コラソンの(左から)石田孝一、水野裕矢GM、内山藤将=沖縄タイムス社

 コラソンはレギュラーシーズン4位でPO進出を決めた。21日、東京・駒沢体育館で1位の大崎電気と準決勝を戦う。

 水野GMは「地域密着のクラブとして、7年目でようやくPOに出る。県民の皆さんやスポンサーに感謝している」と語った。リーグ最終戦で好セーブを連発したGK石田孝一は「大崎戦は守りでどれだけ持ちこたえられるか、GKが鍵になる」、ベテランの内山藤将は「県民の期待に応えるよう頑張りたい」と気合を入れた。

 POには遠征費のほかに出場登録料などが必要なため、球団は資金造成のためのTシャツ(140センチ~3L)を1枚3千円で販売する。また、募金の協力を呼び掛けている。

 問い合わせは事務局、電話098(917)2347。振込先は「琉球銀行那覇出張所 普通518998 カ・リュウキュウコラソン」。