【東京】中谷元・防衛相は13日午前の閣議後会見で、翁長雄志知事との面会について「より対立が深くなるのでは、お会いしても意味がない」と述べ、辺野古新基地建設への理解を得られない状況では面会しないとの考えを示した。政府は新基地建設について「沖縄に理解が得られるよう丁寧に説明していく」と繰り返しており、新基地建設を認めない限り翁長氏と面会しないとする中谷氏の発言に県内から反発が上がりそうだ。

 中谷氏は「話し合いをしていい結果が出ればいい」とした上で、「双方の主張(の違い)がより深刻になれば結果的によくない。何とかご理解頂けるよう誠意を持ってやっている」と政府の立場を説明した。

 また、建設反対を訴える翁長氏の発言について「知事のコメントを聞いていると工事を阻止するということしか言われていない。もう少し、沖縄県のことや日本の安全保障、そういう点を踏まえてお考えを頂きたいと」と批判した。

 一方、臨時制限区域内への立ち入り申請を米軍に不許可とされ、県が沖縄防衛局に再調整を求める考えを示したことについて、「米軍の運用上の理由で認められないと聞いている。それ以上のことは考えていない」と述べ、防衛省として再調整には応じない考えを示した。