国の文化審議会(宮田亮平会長)は13日、恩納村山田の「琉球村」内にある旧國場家住宅主屋(しゅおく)を登録有形文化財(建造物)に登録するよう下村博文文部科学相に答申した。県内の登録件数はこれで78件となる。

赤瓦の屋根が印象的な旧國場家住宅主屋=恩納村・琉球村

 國場家住宅は1930年、國場組創業者の故國場幸太郎氏が父親の住宅として国頭村浜に建築した。赤い琉球瓦の入り母屋形式の屋根で、表面には一番座、二番座、三番座、背面には裏座と土間の台所を備えた伝統的な平面構成になっている。同時に、ガラス戸建具が使われるなど近代的な要素もある。

 戦災を免れ、1990年に國場家から琉球村へ寄贈された後、2011年に移築・復元された。復元に際しては、同年代の木造建物から柱や床などの部材を集め、伝統的な工法を用いて本来の姿に近づけている。