国の天然記念物ヤンバルクイナなど多くの固有種が生息するやんばるの森。外来種の駆除対策の効果が表れ、マングースの捕獲数は年々減少し、ヤンバルクイナの個体数は回復傾向にある。一方、飼い主に捨てられ野生化した犬やネコがヤンバルクイナなど希少生物を捕食する新たな問題も起きている。