重量挙げの第35回全日本ジュニア選手権大会第1日は13日、大田区大森スポーツセンターで行われ、男子69キロ級の宮本昌典(沖縄工業高)がスナッチ125キロの大会新記録、ジャーク161キロとトータル286キロは日本高校新記録を打ち立て、3種目で優勝した。

 同級でのジャーク160キロ台は高校生では初めて。 同56キロ級の知念勇斗(豊見城高)はトータル221キロ、同62キロ級の幸地祥太(那覇西高-金沢学院大)はトータル235キロで栄冠を手にした。