【東京】県は25日、九州北部の豪雨で被害を受けた大分県に見舞金20万円を贈った。比嘉徳和東京事務所長=写真左=が、都内の大分県東京事務所で小野賢治所長に目録を手渡した。 比嘉所長は「被災地の一日も早い復旧を心からお祈り申し上げる」と話した。小野所長は「観光などキャンセルせずに大分県に来てもらいたい。