高校生として出場する最後の大会で、男子69キロ級の宮本昌典(沖縄工高)が大仕事をやってのけた。 この階級では高校生初となる、ジャーク160キロ台を差し上げ、トータルでも自身が持つ日本高校記録に4キロ上乗せした。それでも宮本は「うれしさ半面、悔しさもある。