民進党の蓮舫代表が辞任を表明した。 党初の代表選で当選したのは昨年9月。1年足らずの辞任に「東京都議選を通じて自身の足らざる部分に気付いた。統率する力が私には不足していた」と述べた。支持率が続落を続ける責任を取った形だ。 だが、一向に変わらぬ党の混乱を鑑みれば、そんな殊勝な姿にさえ疑問が湧く。