「やんばるの森林伐採を考えるシンポジウム」(主催・やんばるDONぐりーず)が24日、那覇市の県立武道館であった=写真。登壇した自然保護問題に詳しい市川守弘弁護士は、やんばる地域での天然林伐採など開発行為を認めない県条例制定の必要性を強調。