【東京】山口俊一沖縄担当相は13日の閣議後会見で、名護市辺野古の新基地建設に向けた海底ボーリング調査の再開に翁長雄志知事が「遺憾」と反発していることについて「大変、残念な状況というか、確かにそういった状況もあるのかなと見ている」と述べ、政府と沖縄の距離が広がる状況を懸念した。

 その上で「西普天間の返還に関するセレモニーや、かりゆしウエアの日も近づいている。その辺を機に久しぶりに翁長知事ともお話ししてみたい」と政府と県の橋渡し役になる意向を示した。

 内閣府によると、山口氏の西普天間返還式への出席は、国会の状況を見ながら判断するという。